訪問者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/8「ARTFX J リヴァイ」 コトブキヤ

コトブキヤより
進撃の巨人 1/8「ARTFX J リヴァイ」


DSC_3322.jpg
約束しよう、俺は必ず!!巨人を絶滅させる!!


DSC_3319.jpg
というわけで、進撃の巨人のリヴァイです。ついにコトブキヤの進撃シリーズが出揃いましたね。


DSC_3320.jpg
相も変わらずの壮絶な躍動感。他メーカーの進撃のフィギュアはここまでの躍動感は出せていないですよね。"動き"という点ではコトブキヤの一人勝ちじゃないかな!


DSC_3324.jpg
フィギュアを開封しての第一印象は「コイツ目つきワリィな」でした。眼力が半端ない。それだけに、リヴァイの巨人に対する殺意がひしひしと感じ取れます。


DSC_3325.jpg
では、全身を8方向から見ていきます。限界までブレードを振りかぶっているポージング。


DSC_3326.jpg
かなりハチャメチャな体勢です。イナバウアー並みののけぞり。


DSC_3327.jpg
少し無理がある体勢なので、眺める方向によっては謎な格好に見えます。でもその分、キメ角度から見た時のカッコ良さは半端ない。


DSC_3328.jpg
今回少し残念に感じたのは、立体機動装置の汚し塗装が無くなっていたことですね。ミカサではちゃんとあったのに、なぜ無くなってしまったのか疑問です。


DSC_3329.jpg
マントが大胆に靡いていて、動きの大きさが伝わってくる。


DSC_3330.jpg
台座はシリーズ共通の木のデザイン。右足のみで台座と繋がっているので、若干保持力が不安。


DSC_3331.jpg
今にも回転運動しそうなカッコいいポージングですよね。ほんとに見る角度がキマると格好良く見える。


DSC_3332.jpg
視線は下を向いています。下にいる巨人を切りつけようとしている的なシチュエーションかな。


DSC_3333.jpg
お次はもう少しアップでぐるりと見ていきます。


DSC_3334.jpg
大胆なポージングや立体機動装置などの情報量の多さで見る人を飽きさせない魅力があります。こういうフィギュアは写真とっててホントに楽しいです。


DSC_3335.jpg
体を思いっきり逸らしているせいでピチっと張っているワイシャツのシワの表現もバッチシ。


DSC_3336.jpg
個人時には、ジャケットはシャドウでしっかりと陰影付けして欲しかったかな。少し安っぽく見えてしまう。


DSC_3337.jpg
右手のブレードは逆手持ちしてますね。小指をトリガーに入れてる。


DSC_3338.jpg
立体機動装置の腰部分は、マントに隠れてしまって若干見えづらいですね。


DSC_3339.jpg
体の回転方向に合わせてマントも靡いてる感じがして、より一層動きが感じられます。


DSC_3340.jpg
今までどういう風に動いていて、これからどう動くのかが想像できるフィギュアって本当にすごいですよね。こんなに”動き”を感じられるフィギュアはかなり珍しいと思います。


DSC_3341.jpg
顔をアップで見ていきます。泣く子もチビリそうなほどの悪面相。


DSC_3342.jpg
エレンに比べかなり瞳が小さいです。その分眼力がヤバイです。睨まれたら石になりそう。


DSC_3343.jpg
全然なってない、すべてやり直せ。
こんな顔で怒られりゃ死ぬ気で掃除するわな。


DSC_3344.jpg
髪はシャープで、目立つバリもなくソコソコの出来だと思います。アイプリは相変わらずテカテカしてますが、目がギラッとしている兵長もそれはそれでアリ。


DSC_3346.jpg
俯瞰。


DSC_3345.jpg
煽り。


DSC_3348.jpg
お次は体です。


DSC_3349.jpg
かなり上体を反らしてますね。シャツは、丁寧にシャドウが入ってます。シワも自然。


DSC_3350.jpg
上体を逸らしてる上に若干ひねってますね。


DSC_3351.jpg
胸のアップ。美少女フィギュアの胸のアップはテンション上がるけど、リヴァイの胸のアップ見ても・・・女性ならテンション上がるのか?


DSC_3352.jpg
腰です。ベルトの塗り分けが綺麗です。でも、腰に巻いている布とズボンの塗り分けの方は少し荒いかな。塗装はみ出してます。


DSC_3353.jpg
足です。完全に空中に浮いている状態を表しているっぽいので、両足とも後ろに流れてますね。


DSC_3354.jpg
太もも部分。ベルトとベルトの間のズボンのたわみぐわいが絶妙。まるで本物の布のような質感を表現出来てる。


DSC_3355.jpg
ブーツです。ちゃんと革素材っぽく見えます。シャドウは濃い目。かかと回りのブーツのたわみ具合がいいですね。靴底部分はしっかりと造形がされてます。


DSC_3356.jpg
左手です。おもいっきり振りかぶってます。袖部分のシワが細かい。


DSC_3357.jpg
左手先。リヴァイにしてはきれいな手。もっとゴツゴツしてそうなイメージだった!


DSC_3358.jpg
左手のブレード全体を見るとこんな感じです。


DSC_3359.jpg
こちらは右手。逆手持ちに厨二心がくすぐられる。


DSC_3360.jpg
右手先。小指と薬指がトリガーに掛かってます。


DSC_3361.jpg
右手ブレードの全体像です。


DSC_3362.jpg
マント。調査兵団のマークがモールドの上に塗装で表現されてます。塗り分けはソコソコ。


DSC_3363.jpg
立体機動装置を見ていきます。コレは左腰についてる奴。ミカサの時にはあった汚し塗装が無くなってます。


DSC_3364.jpg
ワイヤー射出部とブレードのストック。


DSC_3365.jpg
底部分のアップ。


DSC_3366.jpg
こっちは右腰の方の立体機動装置です。


DSC_3367.jpg
全体を見るとこんな感じ。


DSC_3368.jpg
マントを外して、腰部分を見ていきます。


DSC_3369.jpg
相変わらずこの部分はメカメカしくて見ているだけでテンションが上がってきちゃいますね。出来は言わずもがな。かなりのものです。


DSC_3370.jpg
アップで見るとこんな感じです。細かい部分まで精巧に作られてます。


DSC_3371.jpg
マントを外した状態の背中です。ここにも大きく調査兵団のマークが有ります。


DSC_3372.jpg
ここからは適当に撮ったのを載せていきます。


DSC_3373.jpg



DSC_3374.jpg



DSC_3375.jpg



DSC_3376.jpg



DSC_3377.jpg



DSC_3380.jpg



DSC_3383.jpg
マントを外すとこんな感じの雰囲気になります。かなりスッキリした見た目になりますね。


DSC_3384.jpg



DSC_3385.jpg



DSC_3386.jpg



DSC_3387.jpg



DSC_3388.jpg
全身を大きく。


DSC_3390.jpg
ラスト一枚です。せっかく三人揃ったのだから集合写真を撮ってみました。やっぱり三人揃うと圧巻ですね。全員躍動感が半端ない。


正直、かなり良い出来だと思います。リヴァイ独特の表情も上手く表現できているし、何よりこれだけの躍動感を立体に落とし込めているのがすごい。今にも動き出しそうですよ。
人気キャラだけあって、他のキャラよりも期待値が高そうですが、ファンでも問題なく合格点を出せる出来だと思います。
シリーズとしても、三人揃える価値はありますね。この三人が揃うと存在感がものっそいです。
兵長に睨まれたいそこのアナタ。ぜひともこのフィギュアをお手元に。


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

ねじれ

Author:ねじれ
フィギュアを撮影して適当にレビューしています。

フィギュアも風景も上手に撮れるようになりたいと思う今日このごろ。

mail:rainrainein★yahoo.co.jp

※サイズが大きいので、画像を開く際は注意してください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
Twitter
花咲サノバスプリングキャンペーン開催中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。