訪問者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/8「エクセレントモデルLIMITED クイーンズゲイト 門を開く者 アリス メガホビEXPO2012 Autumn限定」 アルファオメガ(アルター×メガハウス)

アルファオメガ(アルター×メガハウス)より
クイーンズゲイト 1/8「エクセレントモデルLIMITED クイーンズゲイト 門を開く者 アリス メガホビEXPO2012 Autumn限定」


DSC_1466.jpg
エクセレントモデルシリーズからクイーンズゲイトのアリスです。
これはメガホビEXPO2012で発売された限定版です。台座が紋章入りにリニューアルされたみたいですね。


DSC_1472.jpg
まずは正面から。このフィギュア、胸がキワドイことになってるので。もしかしたら見えてたり見えてなかったり?心の目で見るんだ!


DSC_1475.jpg
顔を横に向けて、正面を睨んでます。元絵は可愛い印象ですが、フィギュアはキリッっとしてますね。


DSC_1476.jpg
侵入者、暗殺者って印象ですね。獲物を睨みつけているような雰囲気。


DSC_1477.jpg
顔のアップ。体は小さくても迫力満点の睨み顔っすね。カックイイ!


DSC_1478.jpg
赤い瞳と唇が、かなり鮮烈。


DSC_1479.jpg
アイプリは綺麗。これは睨むというより、観察しているような目・・・?


DSC_1480.jpg
ほっぺの丸みが可愛いですね。


DSC_1481.jpg
鼻はちょっと丸めですね。頬のチークとハイライトも可愛い。


DSC_1482.jpg
左側前から。胸はだけさせすぎですよね。まるで見てと言わんばかり。


DSC_1483.jpg
この格好は・・・なんかエロい。


DSC_1485.jpg
爪先立ちでピンと足を伸ばしておしりを持ち上げてる姿が扇情的ですな。下着は隠す気ナシ。


DSC_1487.jpg
左右で下着の食い込み方が違うという変態的なこだわりっぷり。いいね!


DSC_1488.jpg
左右でニーソの柄が違うのもポイント高し。


DSC_1489.jpg
なんというか、とにかく情報量が多くて、どの角度から見てても飽きないですね。


DSC_1490.jpg
ツインテール長いですね。ディテールは結構細かいです。


DSC_1491.jpg
少しアップで撮っていきます。


DSC_1494.jpg
髪の色が綺麗ですよね。白ベースに淡い緑のグラデーション。


DSC_1497.jpg
露出の多い肌が、黒い服で少しだけ隠されてるのがなんか( ・∀・)イイ!!


DSC_1499.jpg
このフィギュアの見所の一つは、間違いなくお尻です。下着の食い込みと、はみ出したお肉の丸みがたまらない。


DSC_1501.jpg
ふとももは結構ふっくら目です。やわらかそう。


DSC_1503.jpg
下着のシワの表現もこだわりが感じられますね。


DSC_1504.jpg
素晴らしい食い込みだ!


DSC_1505.jpg
見る角度によって色々な食い込みが楽しめる仕様となっております。


DSC_1506.jpg
この角度だとカナリ食い込んでるのが目立ちますね。エロい。


DSC_1507.jpg
服のスリットは結構深めに切り込んであるので、下着の横側も見える。


DSC_1508.jpg
この角度だどはだけた胸元に目が行きますね。胸はカナリ小さめですね。好みだ。


DSC_1509.jpg
鎖骨のラインもステキ。


DSC_1510.jpg
幼い体躯ながらも、女性らしい体の丸いラインが良く表現されてる。


DSC_1512.jpg
ツインテの生え際にある髪飾りです。ニタァと笑った悪魔のモチーフ?今にも動き出しそう。


DSC_1513.jpg
悪魔くんは左右対称です。額部分にはコウモリの髪飾りもついてます。近くで見ると、淡い色の髪の綺麗さがよく分かりますね。


DSC_1518.jpg
このフィギュア、ポーズがこんななので、お腹側を撮るの難しいですね。


DSC_1519.jpg
服はマットな質感。エナメル質のベルトが裾の前側についてます。


DSC_1520.jpg
銀色のボタンが映えてますね。


DSC_1521.jpg
服の中心には白いライン。ラインの先にはジップのつまみがあります。


DSC_1522.jpg
お次は右側です。


DSC_1523.jpg
チラリと覗く下着がイイネ。


DSC_1524.jpg
服はこっち側が分割できるようになってます。ダボは二つ。私の娘はダボの片方が緩くて、ちゃんと服を着させてあげられてません・・・


DSC_1525.jpg
ベルトの塗り分けは綺麗です。スタッズはモールドと塗装の両方で表現されてますね。細かい。


DSC_1530.jpg
背中には銃のホルダーがあります。コレもナカナカ良い出来。


DSC_1531.jpg
こっちは逆側のホルダー。左右対称ですね。


DSC_1532.jpg
チョーカー。質感は鉄っぽい。


DSC_1535.jpg
お次は腕です。左右でデザインの違う銃剣を握っています。この部分は間違いなくこのフィギュアの見所の一つ。


DSC_1536.jpg
二の腕部分には腕輪をしています。コウモリの羽のモチーフ。エナメル質でカッコいい。


DSC_1537.jpg
両手とも黒いグローブをつけています。縫い目や装飾が細かいですね。


DSC_1538.jpg
銃剣。コレやっべぇ。クオリティがヤバイです。デザイン、プリントの細かさ、質感の表現、全てをこだわりぬいた完成度ですね。


DSC_1539.jpg
しかも左右で違うデザイン。銀色の方の銃剣は、いぶし銀な感じの質感。もう片方は、青いのに安っぽさが出てなくてカッコいいです。剣はソードブレイカー仕様で厨二心をビンビン刺激されます。


DSC_1540.jpg
銃は照門とかもちゃんと作られてますね。


DSC_1541.jpg
二丁の拳銃って言ったら、もちろんクロスさせて構えるよね!


DSC_1543.jpg
頭を右側からです。耳から後ろの髪は、若干ディテール不足を感じる。


DSC_1544.jpg
逆側から。耳が可愛い。


DSC_1545.jpg
ふともも。ニーソきつそうですねコレ。結構食い込んじゃってますよ。


DSC_1546.jpg
左足です。尻尾が巻きついてます。こちらのニーソは黒の無地ですね。ひざ部分にはシワの表現があります。ブーツにはハート型の骸骨のプリントが。


DSC_1547.jpg
右足。こっちのニーソにはオレンジのラインが有ります。


DSC_1548.jpg
左足のふともも。食い込みや丸みの表現が秀逸。おしりのラインに目が行っちゃいますね。


DSC_1550.jpg
左足横から。尻尾の先端が丸っこくなってますね。やらしい。


DSC_1551.jpg
逆側のふともも。


DSC_1552.jpg
どっちの足も目一杯爪先立ちしてる感じですね。


DSC_1553.jpg
頭を後ろから。グラデーションが綺麗。


DSC_1554.jpg
背中全体を映すとこんな感じ。


DSC_1555.jpg
どのフィギュアにも言ってる気がするけど、背中がすべすべしてそうでイイね!


DSC_1556.jpg
尻尾の生え際です。中は肉質で、外殻に覆われてる感じ?


DSC_1557.jpg
どっかのエロいアニメのせいで、尻尾は性感帯だという印象がぬぐえないよ・・・。


DSC_1559.jpg
尻尾を見るとシゴキたくなるね!なるよね?


DSC_1560.jpg
おしりです。左右非対称の食い込み方が見所。


DSC_1562.jpg
シワやクロッチの縫い目など細かいです。


DSC_1563.jpg
コレ結構食い込んでますよね。キツキツですよね。本人気にならないのかなぁ。


DSC_1564.jpg
真後ろから。局部のはあくまでシワですね。


DSC_1565.jpg
やっぱりこっち側から見るのが一番エロい気がします。食い込み方がたまらない。


DSC_1567.jpg
太ももにかけてのラインも色っぽいですよね。


DSC_1568.jpg
今度は太ももに注目。ふっくら丸めで柔らかそうです。食い込みも多くてイイ。


DSC_1569.jpg
右足後ろから。ひざ裏のシワの表現がいいですね。


DSC_1570.jpg
左足後ろから。こちらもシワの表現あり。


DSC_1572.jpg
股の間から銃を覗いてみた。


DSC_1573.jpg
台座です。クイーンズゲイトの文字はモールドで、紋章は赤の塗装で表現されてます。


DSC_1574.jpg
ではここからキャスト・オフしていきます。
一応修正はしてありますが、若干エロいので観覧は成人のみで。
















































DSC_1576.jpg
ぽぽぽポーン!相変わらずキャストオフは苦手で、肌を汚してしまう・・・


DSC_1578.jpg
胸が小さい上にこんな体勢なので、肝心な部分は見えにくいです。


DSC_1577.jpg
修正小さすぎたかな?問題ないよね?


DSC_1579.jpg
服を脱いだ状態で横から見ると、なんか猫みたいに見える気がする。


DSC_1581.jpg
腰がソッてるのがイイ。


DSC_1582.jpg
真後ろから。


DSC_1583.jpg
右側後ろから。肩甲骨のラインが少し出てるのがいい。


DSC_1584.jpg
服が無くなると一気に凶暴的な雰囲気がなくなっちゃいましたね。


DSC_1585.jpg
腰が浮いてるね!


DSC_1586.jpg
真正面から。かろうじて見える。


DSC_1588.jpg
もうちょっと頑張って下側から覗いてみる。


DSC_1587.jpg
ホントーにささやかな膨らみですな・・・


DSC_1589.jpg
でもしっかり丸みがあるのがわかる。


DSC_1590.jpg
ちょっと細すぎる印象。


DSC_1591.jpg
背中のディテールももう少し欲しかったかな。


DSC_1592.jpg
このね。わきから胸にかけてのラインね。いいよね。


DSC_1594.jpg
ここからだと肩甲骨のラインがはっきり見えますね。


DSC_1595.jpg
ローアングル。


DSC_1596.jpg
下着の前部分は、キャストオフしないと見えづらかった部分ですね。


DSC_1597.jpg
ラスト一枚です。やっぱり飾るなら服を着ていたほうがいいですよね。圧倒的に情報量が違うし。


かっこ可愛くて良いフィギュアですね。造形、塗装ともに高水準です。特に武器は圧巻でしたね。武器だけでこのフィギュアを買ったかいがあったと思えましたよ。
欠点はキャストオフさせづらいところかな。色移りしやすいので、何度も着脱させるのは躊躇われます。
まぁキャストオフに興味のない人には関係のない欠点ですね。
とにかく武器は一見の価値ありなので、是非お手にとって見てみてくださいな。


スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

ねじれ

Author:ねじれ
フィギュアを撮影して適当にレビューしています。

フィギュアも風景も上手に撮れるようになりたいと思う今日このごろ。

mail:rainrainein★yahoo.co.jp

※サイズが大きいので、画像を開く際は注意してください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
Twitter
花咲サノバスプリングキャンペーン開催中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。